レディースドック

レディースドックとは

レディースドックとはイメージ女性特有の疾病を中心に一般的な人間ドックを加えた検査がレディースドックです。

とくに婦人科がんについては、早期発見・早期治療が大切ですので、ぜひ一度受診してみてください。

主な検査内容

当院ではレディースドックとして、一般的な健康診断項目のほか、以下の検査をご用意しております。検査項目によっては、自費診療の項目もございますので、お気軽にご相談ください。

子宮がん検査

子宮がん検査には、子宮頸がん検診と子宮体がん検診の2つがあります。当クリニックでは、どちらの検診も実施しております。

子宮・卵巣超音波検査(経膣)

子宮の病気や卵巣の病気(子宮筋腫や子宮内膜症など)がないか、また子宮や卵巣の発育状態や妊娠が可能かどうかなどを調べます。検査中に痛みが生じることはありません。

STDおよび感染症検査

性行為を介して感染する疾患を性感染症(STD:Sexually Transmitted Diseases)と言います。STD検査では、血液検査をはじめ、分泌物検査や尿検査等で、クラジミア感染症、梅毒、性器ヘルペス感染症、尖圭コンジローマ、トリコモナス腟炎などを診断します。

風疹抗体検査

風疹ウイルスに対する免疫の有無を調べる検査です。妊娠初期に風疹に罹ると、心臓奇形や聴力障害、白内障、発達障害などの先天異常が起こることもあるため、赤ちゃんを望まれる方は、一度検査を受けて確認する必要があります。

血液型検査

血液型は間違って記憶している場合もありますから、きちんと調べておいてください。手術時の輸血事故や血液型不適合による新生児溶血性疾患(母体の血液中の抗体が胎盤を通じて胎児に移行し、胎児の赤血球が破壊されることによって起こる病態)などを引き起こすリスクもありますので、手術や妊娠前には欠かせない検査と言えます。

末梢血液検査

血液中にある白血球、赤血球、血小板などの血液細胞を顕微鏡で観察し、それら細胞の変化などから、どのような疾患の疑いがあるかを判定することができます。具体的には、貧血などの血液疾患や感染、炎症、ストレス、腫瘍などを疑う場合の診断,およびこれらの疾患の経過観察,治療効果判定などに有効とされています。

生化学的検査

肝機能や腎機能、脂質代謝などを測定し、全身の健康状態や病気の程度・経過を判断します。